.

自己破産の申告を実行したとしても公的な機関などから家族にじかに連絡がいくことはないでしょう。77-15-49

従って親族には気付かれてしまい自己破産手続きが可能かもしれません。77-5-49

ただし実際問題として、自己破産申請を申し込むときに裁判所から同居家族の給料を記した書類や金融機関の通帳の複製などの証明書類の提供を求められるといったことがありますし、借りたところから家庭へ連絡がいくこともあり得ますから、内緒で自己破産の申立てがすることが可能だという100%の保証は得られるものではないといえるのです。77-13-49

無理に隠してそれ以降にばれてしまうことと比べれば下手なことはしないで嘘偽り無しに話をして皆が一丸となって自己破産申請を乗り越える方が安全でしょう。77-6-49

しかし異なった場所に住む親族に関しては破産の申告を実行したことが知られてしまうなどといったことは当面のところありえないといえます。77-3-49

妻(夫)の支払義務をなくすことを主眼として別れることを検討する早まった夫婦もいるとのことですがまず夫婦同士とは言えども法律的には自らが連帯保証人になってしまっていないならば法的な拘束はありません。77-18-49

一方で保証人という立場になってしまっている場合はたとえ別れることを実行したとしても法律上の責任に関しては残っていると認められるため支払い義務があると思われます。77-14-49

ゆえに婚姻関係の解消を実行したことさえすれば債務の支払に対する強制力がなくなるなどということはあり得ません。77-1-49

あるいは、しばしば消費者ローンが借り手の家族や親類に支払の督促をするといったことがありますが連帯保証人あるいは保証人になっていないのであれば子と親又は妹と姉の間といった家族や親族間の借金などについて借りた張本人以外の家族に民法において法的な支払義務はありません。77-8-49

まず、債権保持者が法的な支払い義務と関係のない家族や親族の人を対象に支払の督促を実行することは貸金業規制法における行政府の営業基準の中で制限されているため支払いの請求の手段によりますが貸金業を規制する法律の支払いにおける催促の基準に違うこともあります。77-17-49

よって法的な支払い義務がないにも関わらず破産者の家族が請求を不当に受けたというならば、貸し主に向け支払の督促を停止するよう警告する内容証明の書類を出すのが良いでしょう。

往々にして債務をもつ人の事がとても可哀想だからと思ってしまったために近親者が未返済金などの債務を肩代わりして返すということもまりますが、借金を持つ本人幸運に自立心を無くして以降も多額の借金を反復してしまうことが少なくありません。

なので債務をもつ本人心情を思いやったら冷たいかもしれませんが借金を持つ本人自助努力によって未返済金などの債務を弁済させるか、自力での返済が無理であれば自己破産申立てをさせる方が借り手本人の今後の生活には良いとは言えないでしょうか。

Copyright (c) 2000 www.dixi-llc.com All Rights Reserved.