.

どこにでもある初心者用のFX取引の教科書では「損失を被った場合はナンピン買いで、全体の価格をコントロールする」と説明されていたりしますが現実にはそこには相当の落とし穴が潜んでいます。

ナンピンの理屈について簡単に説明しておきます。

仮定として100円で1ドルを買ったとします。

$買いなので、円安ドル高に向うほど儲けが大きくなるわけですが思っていたのとは逆に1ドルが95円まで円高・ドル安に推移したとします。

その場合持ち続けたとしたらマイナスをなくすためには5円分円安に進む必要があります。

投資家であれば、赤字は早く戻したいと願います。

このためはじめに注文したのと同じ分の$を、エントリーします。

それで、平均の価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

すなわち、2円50銭の幅で円安ドル高に進めば赤字を失くせます。

これが、ナンピン買いの理論です。

ナンピン買いの理論を目にすると、「なるほど」と思ったりするが容易には上手くはいきません。

だいたい、95円が下値だということなど誰にも分かるわけがありません。

仮定として、為替がかなりの円高トレンドだとしたら、1ドル=95円では下げ止まらずにより一層ドル安にいく可能性は高くなります。

仮定として、1ドル97.50円でナンピンをした時に95円まで円高になったとしたらナンピン買いした分についてもマイナスが生じてしまいます。

その状態では、最初に持ったポジションと合計で、2倍の為替差損が生まれる事になります。

例示したとおり、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

ならば、外国為替市場が自分自身のストーリー展開とは反対にさっと進む場合、どんな対応で危険性を避ければいいのでしょうか。

選ぶべき術は2つだけあります。

まずひとつはあきらめてポジションを閉じる事です。

もうひとつの選択肢としては、その時に、自分が所有しているポジションを縮小することで、改めて為替が元のようになるのを黙って待ち望むことです。

ずいぶん受動的な手段だとおっしゃる方もいるkもしれません。

しかし、持っている買いポジションに差損が生じた時、一番有効なやり方はこれ以上のものはないです。

当然、ロジックとしてはナンピン買いをしてみる対策もあるように思えます。

しかしナンピン買いは、損失を出している場面にもかかわらずポジションを整理するどころか、それとは逆に買いポジションを積み重ねていく方法です。

この考え方では、リスクを管理することなど、どこをどうやっても可能ではないと思ったほうかいいだろう。

ナンピンをし続けられればいつかはマイナスがプラスになるかもしれません。

だけど、それより先にお金がショートしてしまいます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.dixi-llc.com All Rights Reserved.