.

契約店でいずれもの契約カードが決済できるのでもありません。メールレディ キャンディトーク

■クレジットカードの加入店は一般的には、複数のクレジットカードの運営会社と契約しているわけですがどれものショップで全ての契約カードが使用できるのでもありません。コディナ アロエジェル

例をあげていうと旧態然とした商店の際にはJCBの入っているそのクレカしか決済不可な状況もあるし、近頃の加盟店の場合VISAとマスターカード印の入っているカードのみしか切れないときもあります。オメガ 腕時計

銀聯といったクレカ会社ならもっともっと使えない場所が増えるんじゃないでしょうか。マイクレ

何のブランドのクレジットカードが使用可能かというのをどこで判断したら良いのか?「それじゃどのようにしてどのカードが切れるかを見分けたらいいのか?」といっても正確に確かめるんだったら該当店舗の従業員に尋ねてみるほかないていうのが正直なところ正しい答えです。サクナサク

でも大部分の商店やショッピングセンターには見える場所に決済できるクレジットカードのサインがプリントされているシールが掲示されているから、「へー、ここの店はJCBが使用可能なのか」という感じにわかるようになってるし記憶にとどめておいていただけるとよいと思います。クレジット会社から借りることも可能

というものの、正確に加入管理が行き届いていない加盟店の場合には、マークが貼り付けられている場合でも「今はそのクレカはご使用いただけません」といったような答えを受けるなどということもあるわけでメンツをつぶされてしまうこともなくもないです。コンブチャクレンズ

やっぱりできる限り全部の加盟店で使用できるようにしたいならば、もう一つのロゴ(欧米圏の会社)がある一般的なMasterCard、ライフカード、といったクレカを複数持つようにして欲しいと思います(例として:UCカードを持っているなら次はディスカバーカードブランドのクレジットカードを使用する等)。

国内使用のみなら、VISAカード、マスターカード、JCBカードの3つのカード会社が書いてあるクレカを日ごろから使っていれば日本各地のカード決済可能店舗でどれかしらのクレカを提示するよう準備万端というわけです。

クレカを使用して効率よくキャッシュレス生活を続けるつもりならば、言うまでもないがどんな場面でも支払い可能なクレカを財布に忍ばせておいていただきたいと思います。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.dixi-llc.com All Rights Reserved.